読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ススメ!

好奇心旺盛なブロガーが、 自分の好きなこと【ガジェット・おでかけ・音楽・グルメなど】や恋愛観について 発信していくブログです。

MENU

「坂道のアポロン」実写映画化決定!【キャストは?あらすじは?注目ポイントはココ】

人気マンガ「坂道のアポロン」が三木孝浩監督により実写映画化され、2018年に公開予定であることが明らかになりました。知念侑李が映画単独初主演となり、中川大志・小松菜奈といったフレッシュな若手俳優・女優が共演します。

 

 

 

「坂道のアポロン」とは

 

坂道のアポロンは高校生がジャズを通して深まる友情や恋心によって、成長していく様子が描かれている青春ストーリーです。

作品の舞台は長崎。モダンジャズが流行った60年代が背景となっています。

 

原作は小玉ユキによる同名のコミック。2009年の「このマンガがすごい!オンナ編」NO.1に輝き、少女マンガでありながら、男性読者もグッとさせる男同士の友情と青春が描かれていると幅広い読者に支持されている作品です。

 

2012年春にはノイタミナで待望のアニメ化が実現し、今回映画で実写化となりました。

 

 

 

 

あらすじ

 

1966年初夏、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる長崎の高校へ転入した薫。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていましたそれまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫でしたが、“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト千太郎との出会いが彼を変えていくのです。

 

千太郎はジャズドラムが趣味で、もともとピアノが弾けた薫はその魅力にのめり込んでいきました。

 

いつも演奏している場所はレコード屋の地下。そのレコード屋には千太郎と幼馴染みの心優しい律子がいて…

ジャズをきっかけに友情や恋心が交差していく青春ストーリーです。

 

薫は千太郎の幼なじみ・律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の百合香にと、それぞれの恋の行方が複雑になっていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

キャスト

 

現在発表されているのは主要キャスト3名です。

 

 

西見薫役・知念侑李

 

 f:id:sakuchallenge:20170429214000j:plain

 

主人公。父親の都合で叔父の家に居候することとなり、肩身の狭い生活を送っていました。何度も転校を繰り返し心を閉ざしがちな性格でしたが、千太郎と出会ってジャズの楽しさを知り、変化していきます。

 

 

川渕千太郎・中川大志

 

 f:id:sakuchallenge:20170429214023j:plain

 

薫の転校先で「札付きのワル」と恐れられている大柄で豪快な男子。一方で正義感が強く、優しい一面も持っています。ドラムをこよなく愛し、薫がジャズの魅力を知るきっかけとなります。

 

 

迎律子・小松菜奈

 

 f:id:sakuchallenge:20170429214102j:plain

 

千太郎の幼馴染で、薫のクラスメイト。そばかすがチャームポイントの心優しい女の子で、実家は「ムカエレコード」を営んでいます。このレコード店の地下で千太郎はドラムの練習をしています。

 

 

深堀 百合香

未定

 

 

桂木 淳一

未定

 

キャストの追加発表があった際は随時更新します。

 

 

 

実写映画化の注目ポイント

 

楽器の演奏

「坂道のアポロン」で最も重要な箇所となります。

アニメ化の際はプロのジャズ演奏者を10数台ものビデオカメラで取り囲み、さまざまなアングルから撮影して、その映像を編集したものをベースに作画を行う、といった手の込んだ方法を採用して制作されました。

しかし実写ではキャストがいかに魅せる演奏を出来るかどうかにかかっています。

 

主人公・薫を演じる知念は、役作りで昨年9月からピアノの特訓を開始。自宅に電子ピアノを購入し、2度目のレッスンでは完全に演奏を覚えてくる完璧主義ぶりでスタッフを驚かせたそうです。

 

また、千太郎役の中川も未経験のジャズドラムに挑むべく自宅に電子ドラムのセットをそろえ練習。現在はその場で習ったフレーズもすぐに叩けるという驚異の上達を見せているとのことで、今まさに特訓中といったところでしょう。

 

 

主題歌

アニメではオープニングテーマがYUKIの「坂道のメロディ」、エンディングテーマが秦基博の「アルタイル」と豪華なアーティストの曲が採用され、話題となりました。音楽が題材の作品であるからには、映画版での主題歌も期待したいところです。