読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ススメ!

好奇心旺盛なブロガーが、 自分の好きなこと【ガジェット・おでかけ・音楽・グルメなど】や恋愛観について 発信していくブログです。

MENU

【全曲聴いたファンが選ぶ】前向きになれるMr.Childrenの歌詞

Mr.Childrenの曲を全て聴いた私が、前向きな気持ちになれるミスチルの歌詞を紹介します。今回は13曲の中からフレーズを厳選しました。

迷った時・辛い時・挫けそうになった時・立ち止まってしまった時、スッと心に入って寄り添ってくれる優しい言葉がここにはあります。

 

f:id:sakuchallenge:20170308143630j:plain

出典 http://www.mrchildren.jp/

 

 

どんな場所に置かれても希望は捨てないで

どんな悲劇に埋もれた場所にでも
幸せの種は必ず植わってる
こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら
その種に水を撒こう
―花の匂い/ 2008年 配信限定シングル

 

 

どんな道でも必ず開ける

トンネルを抜けると
次のトンネルの入り口で
果てしない闇も 永遠の光も
ないって近頃は思う
だから
「自分のせいと思わない」
とか言ってないでやってみな
―天頂バス/ 2004年 アルバム「シフクノオト」収録

 

 

スタートなんて関係ない、大事なのはその先

長く助走をとった方が
より遠くに 飛べるって聞いた
そのうちきっと 大きな声で
笑える日が来るはず
―星になれたら/ 1992年 アルバム「Kind of Love」収録

 

 

道はいくつもある

今 僕のいる場所が 探してたのと違っても
間違いじゃない きっと答えは一つじゃない
―Any/ 2002年 シングル

 

 

戦っているのはあなただけじゃない

吹き荒れるよ 今日も見通しの悪い海原で
みんな悪戦苦闘してるんだ
独りじゃないぞ 頑張れ!
―fanfare/ 2009年 配信限定シングル

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

目標があるなら進まなくちゃ

どういう未来が待っていようとも
向こうの景色を僕は見に行かなくちゃ
きっとウンザリしたり凹んだり
新たな敵が道を塞いでても
さぁ!
―HappySong/ 2012年 アルバム「[(an imitation) blood orange]」収録

 

 

 

諦めないで、仲間がついてるから

忘れないで君のことを僕は必要としていて
同じようにそれ以上に想ってる人もいる
あなどらないで僕らにはまだやれることがある
手遅れじゃない まだ間に合うさ
―It's a wonderful world/ 2002年 「IT'S A WONDERFUL WORLD」収録

 

 

 

進んでいく時間の中で、いかに自分を出せるか

遠慮はいらない 思うがままの生きればいい
ポテンシャルなら まだ十分に発揮していない
無限大にある きっと可能性は果てしない
転んだなら 這いつくばったって進もう
立ちすくんでいようが 歩いていようが 時計の針は進むぞ
―PIANO MAN/ 2007年 アルバム「HOME」収録

 

 

 

信じることで開ける道もある

信じていれば夢は叶うだなんて口が裂けても言えない
だけど信じてなければ成し得ないことが
きっと何処かで僕らの訪れを待っている
 
―Prelude/ 2010年 アルバム「SENSE」収録

 

 

 

失ったものを埋めるものこそが本質なのかも

失くしたピースは見つからないけど
それでもパズルを続けよう
全部埋まらないのは わかってる それでいい
その空白はね
これから僕等が夢を描くための余白
いつか描いたやつより 本物にしよう
―pieces/ 2012年 シングル 
 
 
 

あなたの前進を認めてくれる人はきっといるはず

夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
時には灯りのない
寂しい夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる
―足音 ~Be Strong/ 2014年 シングル

 

 

 

自分らしく生きよう

時代は混乱し続け その代償を探す
人はつじつまを合わす様に 型にはまってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ
―終わりなき旅/ 1998年 シングル

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

宝物のために、また明日から頑張っていこう

「一体何の意味がある?」
つい 損か得かで考えてる
でも たった一人でも笑ってくれるなら
それが宝物
―ヒカリノアトリエ/ 2017年 シングル

 

 

 

一息ついて、また歩き出しましょう。

Mr.Childrenの名曲と共に。